ビルを持っている人や管理会社で勤めている人などであれば、エレベーターを管理しなければなりません。

エレベーターのメンテナンスなどを行なってくれる会社はいくつかありますが、最近ではその業者数も増えています。

実情として、業者の質は玉石混淆であり、またエレベーターは居住者にとってインフラなので、しっかりとしたサービスが受けれる所を選ばなければなりません。

では、数あるエレベーター業者の中から、保守を依頼する為のポイントとしては、どのようなものがあるのでしょうか。

【エレベーター会社の選び方とは?】

第一に、24時間365日対応してくれる所を選びましょう。最低限のサービスとして、この点は必ずチェックしましょう。

エレベーターの事故はいつ何時起こるかわかりません。例えば、20階建てのマンションでエレベーター事故が発生し、夜中だったので、対応出来ないと言われた場合どのようなことが起こるでしょうか。

20階に住んでいる人が夜中に帰ってくる場合もあります。また子供が急病で病院に連れて行かなければならないケースも起こりうるでしょう。

このような緊急事態を避ける為にも、24時間365日対応出来る業者を選びましょう。

遠隔管理や点検体制が先進技術を利用している所もおすすめです。

異常が発生したり、またその予兆を捉えることで、影響を最小限に留めたり、未然に防ぐことも出来ます。

エレベーターの保守会社を選ぶ際は、24時間365日対応してくれる会社、遠隔管理や点検体制がしっかりしている所を選びましょう。

エレベーター 保守

エレベーターのメンテナンスには満足していますか?
エレベーターメンテナンスはエレベーターメーカーのメンテナンス部隊が行なう事が主流のようですが、保守契約していても最低限のメンテナンスしか行なわないメーカーも目につきます。
メンテナンスとはその名の通り、エレベーターがいつも正常に運行するように維持する事です。
ただ、それだけで満足でしょうか。
もっと運行コストが下がるように改修計画を提案するなどのメンテナンス会社もあります。
例えばエレベーターはかなり電気を使います。
しかも3φ200V通称、動力と呼ばれる高出力な電気を使ってモーターを動かしています。
モーターが古くなれば当然動きが悪くなり、余計な電気を使用しますし新しいモーターは省電力タイプが続々登場しています。
もっと言えば油圧式に変えれば劇的な節約になりますが、これは工事費がかかりすぎるので諸刃の剣なのでここでは割愛します。

つまりモーターを変えれば何年で工事費を回収できてそれから何年でこれだけ節約できますよ、と提案して欲しくはないですか?
そういった知識が無い場合には一度下記リンクを見てみて下さい。
エレベーター メンテナンス
こういう事はビル管理会社が得意とする事、というかそれが仕事なんですが、これをビルオーナー本人がエレベーターメンテナンス会社に依頼を行なえばビル管理会社のマージンがかからないので是非やっていただきたいです。

本気でコストダウンを考えるなら先行投資は必要だし、その先には利益だけが待っていますのでエレベーターメンテナンス会社を本気で探してみませんか?